福岡県北九州社会人サッカーチーム HORNETSのブログ

HORNETSのキャプテンこと『忘れん坊将軍』が忘れてなければ更新するブログ。日々の生活やHORNETS等の私的な事から、サッカー日本代表やスポーツの事以外でも気になる事を何でも語ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古豪の没落

【男子バレー、全敗で五輪敗退】


こんな成績で続投させて欲しい?!
解任されれば無職だから植田監督本人がこう言うのは当然ですが、辞任してもおかしくないこの成績で、
本当にもう一度やらせるのならば協会は本当は世界一を目指していないのかもしれない。


一生懸命やっている選手達を批判するのは可哀相などの意見も聴きますが果たしてそうでしょうか?
何も批判しないでどんな時にも「次はガンバレ!」「お疲れ様!」の声援。
プロのはずなのにこんなぬるま湯の世界で世界一になれるのでしょうか?


プロの試合はお金を払って観に行ってるのです。
ダメなプレーにはブーイング
良いプレーには拍手・声援
これが当たり前の世界がプロなんだと思います。



安易に視聴率を稼ごうとして何の関係もないアイドルを中継に出す日本バレーボール協会。
本当に強化に繋がる試合を組まない日本バレーボール協会。
結果が出せない日本人監督の起用に何故かこだわる日本バレーボール協会。


私はバレーに興味がありません。
しかし、その第三者の眼から見れば日本バレーボール協会もバレーファンも同じ穴のムジナです。


プロ化によって裾野は拡がっているのか?
普段からVリーグに関心をもっているのか?
当たり前のプロの世界になっているのか?
協会への問題提起を行っているのか?





サッカー評論家のセルジオ越後さんは2002年日韓サッカーW杯前のインタビューでこう仰ってました。
(うろ覚えですが…)


『プロは世界一を目指す義務がある。
ガツガツするのが嫌だったら日本リーグ時代に戻しましょうよ。
皆さんそれでいいですか?
嫌だったらキツイけど世界一を目指しましょう。
なった時の喜びは俺に来ないよ。みんなに来るよ。』

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。