福岡県北九州社会人サッカーチーム HORNETSのブログ

HORNETSのキャプテンこと『忘れん坊将軍』が忘れてなければ更新するブログ。日々の生活やHORNETS等の私的な事から、サッカー日本代表やスポーツの事以外でも気になる事を何でも語ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人間はミスをする動物である

【川口“守護神はく奪”も…「先は厳しい」】


岡田監督も自分の事は棚に上げて選手批判のみとは・・・


スタメンに問題はなかったのか?戦い方に問題はなかったのか?
相手の事は研究したのか?

勿論、選手みんなのパフォーマンスはあまり良くなかった。
遠藤と山瀬を交代した後は少しずつ日本のサッカーになってきたが山瀬が悪いのか?
たしかに中盤での繋ぎにあまり参加できなかった。というのはあるが、本来の持ち味は前を向きゴールへ突進するプレー。FWが球をキープ出来ないとなかなか機能しにくいはずだ。

前でボールを落ち着かせる事が出来なかったFWは?
前への突進ばかりを考えて繋ぎに積極的に参加しなかったWBは?


選手起用も戦術も到底理解の出来ないものばかりだ。
「多少の選手の入れ替えは当然で、やり方、戦い方を変えようと思っている」
どういう意味なのか?オシムサッカーの継続はやめるのか?果たして継続していたつもりなのか?
オシム監督がCBに今野や阿部を起用していたのは、頻繁にポジションチェンジを行っていたオシムサッカーに対応する為であり、効果的なオーバーラップができて攻撃で貢献できるからであり、後ろの選手が全く前の選手を追い越すプレーや、前後のポジションチェンジがない岡田ジャパンに本職のCBではなく、ポリバレントなプレーヤーである彼らをCBに置く必要はあるのか?

サイドアタックにしても両WBの個人技頼みや山瀬がサイドに流れるだけで組織的なプレーは全くなかった。


たしかにバーレーン戦では不運な面も若干あった。
遠藤投入で流れが良くなってきたし、運動量が落ちてきた安田に替えて山岸を投入。
後半開始早々から相手の右DFはふくらはぎが攣っている為、走る事もそうだが、何よりもジャンプをする事が非常にツライので、ダイアゴナルランや空中戦の強さが持ち味の山岸は非常に効果的だと思えた。
しかし、ミスからの失点で守りを固められスペースがなくなり、これでは山岸の持ち味が出せなくなった。
ハンドのようにも見えた判定もあったが、アウェイなのだからアピールするよりも相手を追うことの方が先ではないのか?簡単にセンタリングを上げさせても良いのか?

ただ、不運では済ませられない内容であり、1-0で終われて良かったなと思うくらいの試合内容であった。




最後に選手も人間であり、人間はミスをする動物であるから
本来、技術的なミスへの批判はナンセンスだと思っているが「川口」


1試合で3度もファンブルをすれば、こういう結果にはなる。
川口!ドイツW杯を忘れたのか?

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。