福岡県北九州社会人サッカーチーム HORNETSのブログ

HORNETSのキャプテンこと『忘れん坊将軍』が忘れてなければ更新するブログ。日々の生活やHORNETS等の私的な事から、サッカー日本代表やスポーツの事以外でも気になる事を何でも語ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ファンタジスタの定義

日本のマスコミはファンタジスタという響きの格好良さからか、この言葉を使いたがる。

リヴァウドをはじめカカーやトッティ。ベッカムにまでこの言葉を使っていた記憶がある。

彼らはクラッキではあるが、ファンタジスタではない。

私の頭の中では、彼らはファンタジスタの真逆のリアリストである。(ファンタジスタの真逆という事で勝手にこう名付けてます。)

リアリストとは…

相手と向き合った時にA・B・C全ての選択肢をmm単位の精度で実行する事ができる。 相手は分かっていても、脚を伸ばしても止められない場所にパスを出す。
これがリアリスト。

ファンタジスタとは…

相手と向き合った時にA・B・C全ての選択肢をmm単位の精度で実行する事ができるが、 それ以外に誰にも考えつかないようなDという選択肢を生み出し、実行する。
これがファンタジスタ。

ファンタジスタ ロベルト・バッジョ
往年の彼はゴールネットに突き刺すシュートよりも優しくサイドネットに転がすシュートが増えていたように感じます。
何故、そんなシュートがGKに止められないのか。
まさか、そのタイミングで、そのコースにシュートが来るとは思ってもいないから、ボールを眼で追うことは出来ても身体が反応できないのです。

クラッキ ロナウジーニョ
彼も、その域に近付きつつあるが、まだその域ではない。
彼はジョン・テリーを弾き飛ばすフィジカルの強さがあるため屈強なDFと戦うが、なによりもファンタジスタは身体でぶつかってくるDFを相手に闘牛士のようにヒラリと舞って欲しい。

ロナウジーニョでさえもファンタジスタの域には達していないのにも関わらずファンタジスタは日本に居た

日本サッカー協会の幹部達


【川淵キャプテン提言!オシム流継承せよ】


正式発表が、まだなんで噂だと思ってましたが、試合の日程も決まったし、本当なんですね。

岡田さんのサッカーはオシムサッカーの目指す方向の真逆。
オシムサッカーで日本のサッカーを確立するんじゃなかったの?


その発想は無かったわ。

スポンサーサイト

PageTop

幾度となく繰り返す愚行

反町ジャパンがサウジと引き分け、4大会連続のオリンピック出場を決めました。

この4回の出場の内、最高の成績を収めたシドニーオリンピック代表。

すでに海外で活躍していた中田英を含めても、シドニーオリンピック代表よりも北京オリンピック代表の方が全体の実力は若干上だと思います。(かなりアバウトな言い方ですが)


シドニーオリンピック代表の方がワールドユース準優勝と結果は残していますが、北京オリンピック代表の方が所属チームでの主力となっているという点、選手個人の海外経験やA代表選出された選手の数ということを踏まえると北京オリンピック代表の方が若干上だと思います。

その選手達を率いて、この戦い。



恐らく、日本サッカー協会はフランスW杯・ドイツW杯の時のように、予選突破のご褒美として本大会も反町監督に指揮を執らせるでしょう。

日本サッカー協会に、ご褒美のつもりは無くても、本大会での惨敗が目に見えているにも関わらず、続投させるのなら、そう捉えられても仕方ありません。

海外では、と言うよりもお隣の韓国でさえ予選突破後に解任→新監督就任があるというのに…。



これで3度目。

本番であるはずの本大会を、ご褒美にするという世界的にも珍しい監督人事。





日本サッカー協会が進歩しているなら、予想が外れるはず。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。