福岡県北九州社会人サッカーチーム HORNETSのブログ

HORNETSのキャプテンこと『忘れん坊将軍』が忘れてなければ更新するブログ。日々の生活やHORNETS等の私的な事から、サッカー日本代表やスポーツの事以外でも気になる事を何でも語ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

100年構想のJリーグ。100年後には気付いてるのか?

Jリーグには、くだらないルールが2つ(今、私が知っているのは)あります。

それは、同じ勝ち点なら得失点差による順位決めと、ベストメンバー規定です。

得失点差で順位を決めるというのは、攻撃的なチームには有利ですが、チーム事情から守備的な戦術をとらざるを得ないチームもあります。
たしかに、攻撃的なサッカーは見ていて楽しいです。しかし、組織的な守備も素晴らしいモノがあります。
攻撃=楽しい。守備=つまらない。という図式を壊す事も、これからの日本サッカーにとっては重要な事だと思います。



もう一つ、ベストメンバー規定。

まず、詳細は

Jリーグの犬飼専務理事は27日、10月9日の実行委員会で川崎Fの武田社長に対し、 柏戦(23日)でメンバー8人を入れ替えたことに関し“公開事情聴取”する考えを明かした。
26日のセパハン戦前、関係者と報道陣の前で慶大サッカー部の後輩である武田社長を 怒鳴りつけた同専務理事は「浦和も並行して戦っている。他のクラブの社長もいるところで話し合った方がいい」と説明。日本協会の川淵キャプテンも「8人も代えるのはファンをバカにしている」と一蹴した。

試合から一夜明けたこの日、練習を再開した川崎FはACL敗退と“犬飼発言”の二重ショックで困惑した。15日の大分戦からセパハンとのホーム(19日)&アウエー (26日)、23日の柏戦と12日間で4試合の日程。その間に往路24時間、復路19時間のイラン移動が含まれる。浦和と同じ条件と見なすこと自体に違和感があった。

想像以上の過酷移動で、帰国後の選手は疲労困ぱい。ジュニーニョは腰打撲、中村や箕輪は足を痛めており、規約違反がないことをJリーグに確認して「現場で時間がない中、ベストな判断をした」(関塚監督)と8人の欠場を決めた。
それだけに福家強化本部長は「それでも同じメンバーで戦えと言うなら、選手生命を考えないといけなくなる」と戸惑った。
関塚監督は「初めて中東とホーム&アウエーをやって、そこらへんがどうだったか考えてほしい。聴取があれば受けます」と今後のためにも、現場の意見を伝える意向もある。

と、いう事です。もう一つ付け加えるなら、川崎はJリーグの開幕前に、この過密日程の変更を申し込みましたが、受け入れられなかったらしいです。
中東は、この期間リーグを中断するなど、アジア制覇の為に非常に協力的です。




何も分かってない協会の幹部達へ

日本代表の試合を見に行くファンと、Jリーグの試合を見に行くサポーターを一緒にしないでください。

ファンは欧州組が居ないと見に行きませんが、サポーターは中村憲剛が居なくても見に行きます。
サポーターは選手を見に行くのではありません。川崎フロンターレの試合を見に行くのです。
中村憲剛が居ないとチーム力が落ちるのは間違いないです。しかし、サポーターはフロンターレの試合を見に行きます。フロンターレの応援に行きます。
川崎フロンターレを心から愛しているからです。



協会の幹部達が、いつまでも、この事に気付かないのなら
もしも、Jリーグのサポーターが、本当はお目当ての選手だけを見に行ってるのなら



100年経っても、日本にサッカーは、根付かないのかも知れない…。
と悲観しつつ、『マナーの良い』熱狂的なサポーターが、もっと増える事を信じたい!

スポンサーサイト

PageTop

得点力不足≠決定力不足

スイスから4点獲りましたが、まだまだ日本は深刻な得点力不足に悩んでいます。結果としては2点がPK。1点はセットプレー。1点は終了間際にDFトゥーリオがゴール前にあがっている時の矢野の得点。


私は
決定力不足は、最後のシュートの精度。
得点力不足は、シュートに至るまでの過程。
によって起こるものだと考えています。


決定力不足解消は、日本人の技術・判断力・メンタリティーが関わってくる事なので、すぐに解消しにくいと思います。だからこそ、得点力不足を解消する(得点のチャンスを増やす)事に重点をおくべきだと思います。が、残念ながら今の日本代表の攻撃には得点を生み出す力が感じられません。




■得点力不足の解消。

1.ゴール前の人数
矢野の決勝ゴールの時に、日本代表はスイスのゴール前に何人いましたか?たしか4人です。試合中、松井がクロスをあげた時に巻・中村俊・遠藤・稲本がスイスのゴール前にいた事はありますか?ただでさえ決定力が低いのに、こんな事では、まずシュートさえ打てません。今の日本代表は試合終了間際の尻に火がついた状態でなければ、多くの選手達がゴール前にいきません。


2.クロスの精度
今、両SBは確実に流れを崩しています。
本来、右利きである駒野は左で使われているので、少し同情しますが、それでも中の流れを重視して左であげてほしい!少しでも大事にいこうと切り返して右。このパターンが多すぎです。
右SBの加地のクロスの精度は破滅的に低いです。これは選手を入れ替える事で解決します。
しかし、今の日本には加地以上の右SBはいません。
彼よりもクロスの精度が高い選手・ドリブルが巧く局面を打開できる選手・足の速く上下運動を繰り返す選手はいますが、彼以上に数多くの上下運動を繰り返し、DF面で活躍が期待できる選手はいません。やはり、攻撃だけじゃなく守備もキチンとやらないといけないポジションです。彼の戻りのおかげで失点が防げた場面は少なくありません。その逆で彼のクロスの精度が悪くて得点が入らなかったシーンも少なからずありますが…。




この2つを改善するだけで、かなり得点のチャンスが広がる気がします。

PageTop

カウントダウン。残り…

10人になった相手が守備重視になり、カウンターを狙ってくるのは当たり前の事。引いてきたサウジアラビアを簡単に崩せる国はアジアには殆どないはず。


試合の数日前に「どうせ、丸裸だから」という事で、3-6-1へ、いきなりのシステム変更。
サウジ戦は個の力を重視するとの事。裏を返せば、ただ単にいつまで経っても組織的な動きを徹底させる事ができないから。
こんな迷走っぷりを続ける反町ジャパンに、確固たる自分達の伝統的なサッカーを持っているサウジアラビアに勝てないでしょう。

10人の相手に勝てなかったから言ってるのではなく、未だに自分達のサッカーを模索しているからです。

各チームの主力ともいえる選手やA代表経験者も多数いて、メンバー的には谷間の世代と言われた前回とは全く違い、結果を残したトルシエジャパンに近い感じです。そんな選手達を率いて未だに、このサッカー。というよりも、そんな選手達だからこそなのかも。

今更ながら彼の能力では『今回の』U-22代表を率いるのは難しいのでは?



個人的にベトナム戦で引き分けて、監督が代わって残り試合を戦う。というのがベストだと思ってましたが思いは届かず…

“今が監督交代の最後のチャンスです。次、引き分け以下だと非常に厳しい”

カタールがベトナムと引き分けた為、勝ち点に差がつかなくて助かりました。悪運の強さは、前日本代表監督と同じような気がします。


しかし、アジア予選敗退へのカウントは、刻一刻と終わりに近づいている。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。