福岡県北九州社会人サッカーチーム HORNETSのブログ

HORNETSのキャプテンこと『忘れん坊将軍』が忘れてなければ更新するブログ。日々の生活やHORNETS等の私的な事から、サッカー日本代表やスポーツの事以外でも気になる事を何でも語ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

歴史の浅い日本サッカー

ドイツW杯の時の様な総括だったら必要ないです。今度こそ真面目にお願いします!


で、アジア杯は残念でしたね。その程度の感想です。

マスコミは、簡単に3連覇なんて言ってますし、最強の敵オーストラリアを倒した。だの、リベンジを果たした。だの、サウジ戦の為の勝利の4カ条。なんて色々言ってましたが、日本は所詮アジアの強豪国の一つです。ブラジルの様に常に優勝。しかも内容を問われる立場には、まだありません。その日本が同じアジアの強豪国であるサウジに簡単に勝てる訳がありません。


今回は特定の選手の出来を、とやかく言うつもりはありません。

サウジ戦で思った事は、戦術的に完成されたサッカーと歴史の浅い発展途上のサッカーの違いを見せ付けられたな。と思いました。

日本の中盤はテクニックがありました。パスは繋げます。しかし、選手が交代で入った時に、その選手を使おうと意識が感じられなかったり、その選手交代の意味を分かってない感じがしました。しかし、サウジは全ての選手が選手交代の意味や攻め方を熟知している気がしました。


今のところ、この差を埋める事は出来ません。

何故なら、サウジは昔から監督が変わろうが、ずっとカウンターサッカーを基本戦術としてやり続けてきたからです。日本とは歴史が違います。戦術が浸透してします。なにより、彼等の高い身体能力を活かしたカウンターサッカーが彼等には合っています。


しかし、日本はゾーンプレスやフラット3など、監督が変わるたびにコロコロと基本戦術が変わります。こんなんじゃ、いつまでも差は埋められません。早く日本人にあったサッカーを確立してもらいたいものです。

これが真の強豪国になる第一歩だと思ってます。

スポンサーサイト

PageTop

諦めない事の難しさ

土曜にはオーストラリア戦がありますが、高原選手の体調が気になります。本当に万全だったら嬉しいんですが


その高原選手の相方になるであろう巻選手のお話を…。

やっと得点という結果が出せましたが、それ以前は賛否両論ありました。UAE戦後には一部で巻はいたのか?など酷評されましたが、個人的にはUAE戦で巻選手の必要性を再認識する事ができました。
ポストプレーをこなし、味方の為に囮になる動きをし、場合によってはMFよりも下がって守備もこなす。確かに、オシム監督の言うとおり、彼にしか出来ない、いや、彼しかやらない仕事があります。オシム監督は彼に対して得点+αの+αの部分に大きな期待を寄せていますが、やはりFWは点をとってナンボのポジション。+αよりも得点。次に+αを求めるのが正しいと思います。と、言いつつも巻選手の+αのお話を…

皆さんは、巻選手の事をどうお考えでしょうか?要らないと思っている方も多いでしょうが、個人的には素晴らしい才能の持ち主だと思ってます。では、それはどんな才能なんでしょうか?
巻選手が要らないと思っている方は、彼はトラップミスやシュートミスが多く、技術的に代表レベルではない。と、いう考えがあるのだと思います。それは一理あります。しかし、彼は、その欠点を補って余りある才能があります。
それは、スポーツ選手に最も重要な才能の『強いハート』の持ち主です。


強いハート…それは、恐がらない事。そして、最後まで諦めない事。


UAE戦での失点シーン。中村憲選手が、相手選手を追う事を諦めた為、失点につながるカウンターを許してしまいました。勿論、疲労もあったのでしょうが、彼ほどの日本のトッププレーヤーでも、最後まで諦めない強いハートは持っていなかったのです。

しかし、巻選手の2点目はどうでしょうか?ゴールポストにぶつかりながらもゴールに飛び込む勇気。ガムシャラにDFラインにまで下がりボールを追う姿。これこそが彼の1番の才能の『強いハート』ではないでしょうか?




私は、これからも技術が無いながらも、その強いハートを武器に、彼が日本代表として活躍する事を願います。

かつて、足の骨を折りながらも、W杯日本人初ゴールを決めた中山選手のように…

PageTop

日本人監督の限界

U-20日本代表は残念でしたね。
日本に有利な笛が、結構吹いていたと思いました。
審判も人間です。時にはミスジャッジによるゴール判定をする事もあります。そのミスを取り返そうと、途中から一方のチームに有利な笛を吹いたり、場合によってはPKを与える事もあります。
微妙な判定ではありましたが、さすがにPK2連発は痛い。が、しかし、審判に文句を言ってもしょうがないのです。審判が不利な笛を吹くなら、その現状を把握し、自分達で打破するしかないのです。


そして、吉田監督。
何故、いつも同じ交代しかしないんでしょうか。後半15分くらいから圧倒的に押されてチェコペースにも関わらず、いつもと同じ「河原OUT・青木IN」「田中OUT・藤田IN」。点差と時間、状況を考えて、もっと守備のテコ入れをしても良かったはずなのに、状況に応じた選手交代ができない。


少し競馬の話をします。うろ覚えなんで間違えてたらすみません。
競馬は馬の力が7割、騎手の力が3割と言われてます。ほぼ馬の能力で勝敗が決まりますが、能力に大差がないなら騎手の力で多少はなんとかなります。
1990年の有馬記念で、もうダメだと言われていたオグリキャップを武豊騎手は勝たせる事ができました。
彼は調教中にオグリキャップが手前を替えるのが下手な事に気付き、スムーズに替える事ができる様に調教。そして、本番に見事有終の美を飾る事ができました。


昨日の試合は、それに近いものがあると思います。
選手達に実力の差は、そんなに無かった。だったら、吉田監督の采配によっては勝ちに導く事が十分に出来たんじゃないかと思います。

PageTop

阿部・山岸だけが戦犯?

まず、オシム監督。
1トップに驚きましたが、引いて守りを固めた相手にあれだけの回数の決定的なチャンスを作りだす選手起用。
みんなが疲れてきた頃に運動量が豊富な羽生、試合終盤に守備的な仕事ができる橋本と守備に不安のある中村憲の交代など意図の分かる選手交代(橋本に関しては試合の流れに乗れずに結果的に失敗かな?)。
なかなか良い仕事はしてると思います。結果が出せなくて辞任にならない事を祈ります。結果が残せない選手達を選んだという責任はありますが…


山岸選手。
チャンスを外した事で戦犯扱いされてますが、彼の持ち味の1つであるサイドからゴール前への飛び出しがあったからこその結果であり、1トップはゴール前の人数が少ないので、2・3列目からの飛び出しが非常に重要なのにも関わらず、飛び出しをしない選手達が多く、そんな選手はチャンスに決める事はもちろん外す事すら出来ない。
チャンスを生み出す事すら出来ない選手達に批判は集まらずに、勇気を持ってゴール前へ飛び出し、自分の持ち味を出した選手に批判が集まる。こんな状況では日本のゴール欠乏症は一生治らない。
まぁ、あれを外したら批判は避けられませんが…。


阿部選手。
結果的に同点となるFKを与え、一番の戦犯になってますが、あれをファール取るのがアジアレベルの審判。時間帯を考えて経験豊富な選手がセーフティーファーストの指示をしても良かったんじゃないかな?それ以外は、中澤・鈴木と複数で相手FWを囲み仕事をさせず、守りを固めてカウンターという相手のゲームプランを成立させない見事な仕事っぷりでした。
ただDFは89分消えていても1分仕事をすれば良いFWとは違い、90分間仕事を続けてないといけないポジションだという事は十分に分かっているはずなのに、あのプレーは非常に悔やまれます。


中村俊選手。
セルティックでの右サイドで魅せている様な輝きはみせられず、終始、中央の遠藤の近くに寄りプレー。中央に入る事によって生まれる右サイドのスペースを加地に使わせるわけでもなく、加地を使おうとする意図も感じられずに、遠藤・中村憲とのパス回しを続ける。
攻撃の中心選手が全体的な(特に右サイド)の攻撃を活性化させる事はできず、後半に至ってはDFライン近くにまで下がってきてしまう。ゴール前へ飛び出す事や決定的なチャンスを作ったりできなかったが、目立ったミスもなかった為に批判をされる事はない。個人的には戦犯の一人と言われてもしょうがないくらいの出来だと思います。
ただ、日米野球の日本代表監督が斎藤投手を選んだ時に「不敗神話に賭けてますか?」などと馬鹿な質問をするマスコミのレベルじゃ絶対に分からないでしょうが…。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。